おきた内科クリニックblog

2015年5月21日 木曜日

リウマチは治療経験が豊富な当院へ

リウマチは進行性の病気です。
進行すると骨破壊に進んでしまい、日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

いまは良い薬が開発され、高い確率で進行を遅らせることができるようになりました。
ですから、ポイントは早期発見、早期治療開始です。
血液検査で分かりますから、少しでも異常があったら受診することをおすすめします。
よくある症状としては、節の腫れや疲れ、朝の手のこわばりなどが左右対称に起こることが多いです。
初期のころは風邪と間違えるような発熱があることもあります。

広島にお住まいで心配な症状がある方はぜひ当院へいらしてください。
当院はリウマチの治療経験が豊富です。
少しでもおかしいと思う症状がある場合は、検査を受けることをおすすめします。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら