おきた内科クリニックblog

2015年5月19日 火曜日

リウマチは、早期発見早期治療が重要です

よく耳にする病気の「リウマチ」とは、どんな病気かご存知でしょうか。
「御歳を召した方が膝や腰を押えて痛いと言っている」そんなイメージかと思いますが、30代の頃から症状が出る方もいますし、進行してしまうと日常の動作ほとんどに介助が必要になるほど恐い病気なのです。

では、そうならないためにはどうしたらよいでしょうか。
リウマチはゆっくり進行すると思われてきましたが、実は数年で悪化してしまう病気です。
そのためにも、早期発見、早期治療がとても重要なポイントとなります。
広島にございます当クリニックでは、最新技術を駆使した生物学的製剤を使用して、高い効果をもたらす治療をしております。

また、血管を若返らせることに考慮した生活習慣病の予防と治療も、たいへん好評です。
どうぞご相談ください。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら