おきた内科クリニックblog

2015年3月17日 火曜日

リウマチは進行性なので早く受診しましょう

朝起きると手がこわばっているという方はリウマチを疑ってください。
リウマチの初期症状としては他に、急な発熱とともにだるさが続くなど、風邪と間違えるような症状が出ることもあります。

リウマチは関節が炎症を起こして徐々に骨を破壊していく病気です。
ですから何よりも早期に発見して治療を開始することが重要になってきます。
病状が進行すると日常生活にかなりの支障をきたすことになりますので、少しでもおかしいと思ったら専門医を受診してください。
今は進行を抑える薬が開発されていますので、早く診断がつけばその分進行を遅らせることができます。

広島にお住まいの方でしたら、ぜひ当院にいらしてください。
リウマチの治療経験が豊富なクリニックです。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら