おきた内科クリニックblog

2015年2月 2日 月曜日

リウマチの最新治療のことなら、当院にご相談下さい

突然発熱し食欲がなくなり疲れやすくなるなどの症状が出るリウマチは初期には風邪と間違うことがあります。
リウマチとは関節が炎症を起こし痛みや腫れが現れる病気で30歳から60歳の女性に多く見られます。

ごく初期には多少痛みはあっても日常生活を送ることができますが、進行すると軟骨や骨が破壊されてしまうので関節の機能が損なわれ歩行が困難になり寝たきりか車いすの生活になってしまいます。

リウマチはこれまでゆっくり進行すると言われてきましたが、現在では最初の数年で悪化することがわかっており、早期発見、早期治療が大切です。

当院はリウマチの治療の実績が豊富で、ステロイドは使用せず最新のバイオテクノロジー技術により開発された生物学的製剤を投与し治療いたします。
リウマチ治療なら広島の当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら