おきた内科クリニックblog

2015年1月14日 水曜日

生活習慣病とリウマチの診察は地域密着の当院で

広島県広島市にある当院では、地域に密着した医療を提供してリウマチと生活習慣病の診察を行っています。

リウマチの症状は4段階で、関節の腫れや痛みがなくても、内部で炎症を起こし、いつの間にか関節破壊が進んでいることもあります。
それを防ぐには、早期発見と早期治療が何よりも大切です。
問診、診察、血液検査の後、炎症を引き起こすサイトカインの働きを沈静化させ、関節破壊の進行を防ぐ治療をしていきます。
点滴か皮下注射のどちらかを投与するのが特徴です。

生活習慣病は初期の段階では何も症状が出ないので、健康診断で自分の体の状態を知ることが大切です。
糖尿病、肥満、骨粗鬆症、過活動膀胱、COPD(慢性閉塞性肺疾患、別名タバコ病)は生活習慣病で起こりやすい病気で、気になる症状が出たら早目に診断を受けましょう。 

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら