おきた内科クリニックblog

2015年1月 8日 木曜日

リウマチは早期発見早期治療が重要です。

ゆっくり進行すると思われがちなリウマチですが、数年のうちに悪化することが最近の研究で判明しました。
朝起きると手がこわばっていたり、関節に痛みやはれがある方は、要注意です。
早目の受診をお勧め致します。

広島にあります当院は難病と言われるリウマチの早期発見早期治療に取り組んでいます。
気づかないうちに、内部での炎症が進行し軟骨や骨が破壊され関節の機能を失ってしまう場合もあります。
最悪の場合、日常生活が制限されて寝たきりや車椅子での生活を余儀なくされてしまいます。

早目に血液検査やエックス線検査で発見することが大切です。
当院では、ステロイドは使用せず、最新の生物学的製剤を使用し、安全で効果の高い治療を行っています。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら