おきた内科クリニックblog

2014年12月 9日 火曜日

リウマチのご相談をされたい皆様へ

リウマチは手のこわばりや関節の痛みや腫れが特徴であり、主に30代から60代の女性が発症しやすいと言われています。

リウマチは症状が進行すると骨が破壊され、関節の機能が麻痺する恐れがある怖い病気でもあることから早めの治療が大切であると言えます。

しかし、リウマチの症状は風邪の症状に似ている場合があり、また進行が早いため気づいた時には症状がかなり進行していたというケースも散見されるため、注意が必要です。

当院は広島を中心にリウマチの治療及び生活習慣病の治療に力を入れており、特にリウマチの治療においては、治療実績も豊富であり、多くの患者様より支持を賜っております。
当院でリウマチの治療を行う際には、投薬を中心とした治療を行いますが、症状に応じて点滴または注射による治療を行う場合があります。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら