おきた内科クリニックblog

2014年11月19日 水曜日

リウマチは早期治療、早期発見が重要です

難病と言われているリウマチは30代から60代の女性に多くみられる病気です。
リウマチは関節が炎症を起こします。
この炎症が進行すると、関節の軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれてしまうのです。

今まではゆっくり進行すると思われていたリウマチですが、最近の研究では最初の数年で悪化することが分かってきました。
そのため早期発見、早期治療が重要です。

当クリニックでは、リウマチの検査、治療を行っております。
最新のバイオテクノロジー技術により開発された生物学的製剤を点滴、皮下注射で投与し、関節破壊が進むのを防ぐ治療をしております。

広島でリウマチの治療ができる医院をお探しの方、当クリニックにお気軽にご相談ください。
また一般内科、内視鏡検査、生活習慣病の予防や治療についてもお気軽にお尋ねください。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら