おきた内科クリニックblog

2014年10月22日 水曜日

手足のこわばりや痛みはリウマチかもしれません

リウマチと聞くと、高齢の方がなる病気と認識している方が多いと思います。
しかし、最近では、30代から60代の女性にも多く見受けられる病気です。
朝、起きると手がこわばっている、関節に痛みや疲労感があるなどの症状がありましたら病院でご相談ください。

リウマチの初期は、発熱や疲れやすさから風邪の症状に間違えることもありますので、要注意です。
しかし、病気は進行していきます。
リウマチは、最近では、数年で悪化することが研究で分かってきたので、早期発見、早期治療が大事になってきます。

広島近郊で、手足がこわばる、関節の痛みや疲れやすさなどを感じる方はぜひ当院をご利用してください。
丁寧なカウンセリングで患者様にあった適切な治療をします。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら