おきた内科クリニックblog

2014年10月20日 月曜日

リウマチの症状についてお話しします

30代から60代の女性に多くみられるリウマチをご存じですか。
リウマチは関節が炎症を起こし痛みや腫れが出ます。
朝起きると手が強張ったり関節に痛みが出て病院にいらっしゃる方が多いです。
炎症が進行すると軟骨や骨が破壊されてしまう怖い病気です。

リウマチの症状は早期のうちは少し痛みがある程度です。
中期になると重い物を持つことが難しくなりますが、日常の動作は可能です。
進行期に進むと日常の動作に介助が必要になります。
骨破壊が進んでいる証拠です。
末期になると寝たきりや車いす生活を余儀なくされます。
すべての日常の動作が困難になってしまいます。

ですが、早期発見早期治療を行えば恐れる必要はありません。
広島にお住まいの皆様、身体に異変を感じたら早めに当院へお越しください。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら