おきた内科クリニックblog

2014年4月23日 水曜日

リウマチ検査の方法とは

30代から60代の女性に特に多いと言われているのがリウマチという病気です。
関節の痛みを伴う病で、病状が進行するとほぼ寝たきりの状態になってしまうこともあります。
病気のサインを見逃さず、早期発見、早期治療を行うことが重要です。

当院にはリウマチ専門の医師がいます。
専門医による問診や診察、血液検査にてリウマチかどうかの検査を行っています。
また関節がどの程度破壊されてしまっているのかを検査するためには、エックス線を用います。

早期発見が大切な病気だからこそ、症状に気づいたら一日でも早く検査をすることが重要です。
見過ごされてしまう可能性を考えると、やはり専門医の診察を受けるのが良いでしょう。広島にお住まいの方で不安を感じたら、ぜひご相談ください。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら