おきた内科クリニックblog

2013年12月 5日 木曜日

広島で辛いリウマチを改善しましょう

リウマチで手首や足首の関節が腫れて痛い、こわばって動かないなどの辛さは、人にはなかなかわからないものです。
国内には70万人以上の方がリウマチを患っていると言われています。
女性がそのうちの8割を占めています。

リウマチは長期間に渡って痛みと付き合わなければならない疾患だとされていましたが、当院では最新のバイオテクノロジー技術によって開発された薬を使用し、高い効果を上げています。

リウマチが進行すると軟骨や骨が破壊され、関節の機能を失うことにもなりかねません。関節破壊が進むと寝たきりになるとか、車椅子での生活を強いられることになります。

朝起きると手がこわばるとか、痛みや腫れ、疲労感のある場合には、早期に治療することが大切です。
症状のある方は、がまんせずに当クリニックまでご相談ください。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら