おきた内科クリニックblog

2013年10月29日 火曜日

リウマチは早期発見、早期治療が重要です。

当院は広島にて、リウマチや生活習慣病の相談に対応しております。
今回はリウマチについて、紹介致します。

リウマチと聞くと、高齢の方がかかる病気というイメージを持つ方も多いのかもしれませんが、実際はそうではありません。
30代から60代の女性に多くみられ、比較的若い年代でも注意が必要な病気だと言えます。
病気が進行すると、寝たきりや車いす生活を余儀なくされるケースもあります。

そんなリウマチについて、日ごろから身近に感じている方は少ないことと思います。
しかし、この病気は早期発見し早期治療を行うことで、その後の病気の進行度が全く違うのです。
早い段階で適切な治療を行うことができれば、寝たきりになってしまう可能性も、低くできるといえるでしょう。
朝、関節のこわばりを感じたら、まずは当院へご相談ください。

投稿者 医療法人おきた内科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒739-1732
広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

お問い合わせ 詳しくはこちら